• --.--.--
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2013.06.13
  • ま、いっか/浅田次郎


    ま、いっか。 (集英社文庫)ま、いっか。 (集英社文庫)
    (2012/05/18)
    浅田 次郎

    商品詳細を見る


    内容(「BOOK」データベースより)
    花と読書を愛した青春時代の思い出。巷に氾濫する美人たちへの忠告。旅と買物の、とっておきの楽しみ方。老化について、女の誤解と男の本音。…豊富な話題をもとに粋なオヤジ目線で語られるのは、江戸っ子らしいキレの良さと滋味たっぷりの現代考察。著者の生き方の美学がきらりと光る、軽妙洒脱なエッセイ集。

    浅田節(笑)
    帯には「粋なオヤジ生き方指南」とありましたが・・・
    オヤジでなくても読む価値大!
    力の抜けるエッセイ集。いや、いい意味で!
    スポンサーサイト

  • 2013.06.13
  • 悪党/薬丸岳


    悪党 (角川文庫)悪党 (角川文庫)
    (2012/09/27)
    薬丸 岳

    商品詳細を見る


    内容(「BOOK」データベースより)
    探偵事務所で働いている佐伯修一は、老夫婦から「息子を殺し、少年院を出て社会復帰した男を追跡調査してほしい」という依頼を受ける。依頼に後ろ向きだった佐伯だが、所長の木暮の命令で調査を開始する。実は佐伯も姉を殺された犯罪被害者遺族だった。その後、「犯罪加害者の追跡調査」を幾つも手がけることに。加害者と被害者遺族に対面する中で、佐伯は姉を殺した犯人を追うことを決意し…。衝撃と感動の社会派ミステリ。

    あら、やばっ。更新半年ぶりくらい!?
    途中読んだ本もあるはずなんだけど・・・(汗)
    思い出したら更新しよ。

    犯罪被害者の家族と加害者の現在。
    気にはなっていてもなかなか。絶妙なトコにメスが入ってます。
    実際報道でしか情報を得られない私達は、真実を知ることも難しいですし
    当事者の気持ちなどわかり得ないのですが、垂れ流しの情報を鵜呑みにせず
    無責任な憶測はしないようにしようと、改めて思いました。

    何をもって赦されるのか。
    私達には答えは出せませんが、考えさせられる作品でした。

  • 2012.10.31
  • ケルベロスの肖像/海堂尊


    ケルベロスの肖像ケルベロスの肖像
    (2012/07/06)
    海堂 尊

    商品詳細を見る


    内容紹介
    『このミステリーがすごい! 』大賞を受賞した、ベストセラー『チーム・バチスタの栄光』から続く、田口&白鳥シリーズ最終巻! 大人気メディカル・エンターテインメント、いよいよ完結です! 「東城大学病院とケルベロスの塔を破壊する」――東城大学病院に送られてきた脅迫状。高階病院長は、院内の厄介事を一手に引き受ける愚痴外来の田口医師に、犯人を突き止めるよう依頼した。厚生労働省のロジカル・モンスター白鳥の部下、姫宮からのアドバイスによって、調査を開始する田口。警察、医療事故被害者の会、内科学会、法医学会など、様々な人間の思惑が交錯するなか、エーアイセンター設立の日、何かが起きる!?

    とりあえずバチスタシリーズ完結らしい。ふぅ~~~~。
    いろんなシリーズが絡み合ってるから全部並べて読みなおすのもいいかも♪とか思っていたら
    どうやら一冊読んでいないコトが発覚・・・。(多分本タワーの下の方に積まれているのであろう)
    ブレイズメス1990。黒い表紙だったからブラックペアン1988読んで(これも黒い表紙だったと思う)
    読んだと思いこんでた!
    発掘して読まなければ~。

    ★★★☆☆☆

  • 2012.10.31
  • 花と流れ星/道尾秀介


    花と流れ星 (幻冬舎文庫)花と流れ星 (幻冬舎文庫)
    (2012/04/12)
    道尾 秀介

    商品詳細を見る


    内容紹介
    死んだ妻に会うために霊現象探求所を構えている真備。その助手の凛と、彼女にほのかな思いを寄せる、売れない作家・道尾。3人のもとに、傷ついた心を持った人たちが訪れる。友人の両親を 殺した犯人を見つけたい少年。自分のせいで孫を亡くした老人……。彼らには誰にも打ち明けられない秘密があった。人生の光と影を集めた、心騒ぐ5編。

    短編集なのでサクッと読めてじんわり。

    ★★☆☆☆

  • 2012.10.31
  • 骸の爪/道尾秀介


    骸の爪 (幻冬舎文庫)骸の爪 (幻冬舎文庫)
    (2009/09)
    道尾 秀介

    商品詳細を見る


    内容(「BOOK」データベースより)
    ホラー作家の道尾は、取材のために滋賀県山中にある仏像の工房・瑞祥房を訪ねる。彼がその夜見たものは、口を開けて笑う千手観音と、闇の中で血を流す仏像。しかも翌日には仏師が一人消えていた。道尾は、霊現象探求家の真備、真備の助手・凛の三人で、瑞祥房を再訪し、その謎を探る。工房の誰もが口を閉ざす、二十年前の事件とはいったい。

    続きを読みたいな~、と思った背の眼シリーズ、なんと持ってた(笑)
    読もう、読もうと積み上げてる本タワーから発掘。
    イイ味だしてます。

    ★★☆☆☆
    プロフィール

    さいこ

    Author:さいこ
    大自然の中に生息。

    本と映画と煙草とお酒で幸せ☆
    美味しいもの大好き、作るのも好き。

    今年こそコミカルな人生から
    脱出をはかりたいと思います!

    最新記事
    最新コメント
    ブクログ
    さいこの本棚
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。