• --.--.--
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2006.07.24
  • 人魚伝説


    山村 正夫

    人魚伝説



    タイトルに惹かれて読んでみたものの、不完全燃焼気味・・・

    内容(「BOOK」データベースより)


    『人魚姫』に憧れる13歳の少女、速水舞。彼女の恵まれた幸福な日々は、突如破られた。奇怪な欲望の手に捕らわれ、廃屋の地下室に監禁された舞が目にしたのは、永遠に物言わぬ人魚の姿だった…。常軌を逸した猟奇犯罪が完成するとき、少女は“死”という名の究極の美に化身する―前例のない異様な事件に挑む刑事たちは、舞を無事救い出せるのか。緊迫のホラー・ミステリー。書下し。
    Amazon.co.jp


    ハッとするようなトリックもなく、予想通りの展開で最後まで終わってしまった・・・。文体もイマイチ冴えない。『人魚』というプロットを活かしきれていない感、大。伝説よりも猟奇的殺人手順にスポットが当たってしまっている、のかな?過激な描写が多い昨今では衝撃を受けるほどでもない。得るものもなし!
    う~、こんなこともあるさ!


    ★☆☆☆☆
    関連記事

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    さいこ

    Author:さいこ
    大自然の中に生息。

    本と映画と煙草とお酒で幸せ☆
    美味しいもの大好き、作るのも好き。

    今年こそコミカルな人生から
    脱出をはかりたいと思います!

    最新記事
    最新コメント
    ブクログ
    さいこの本棚
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。