• --.--.--
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2006.03.21
  • 脳男

    本の闇取引(笑)でお借りし、箱につめっぱなしにしていた(ゴメンナサイ)一冊。



    首藤 瓜於

    脳男


    出版社/著者からの内容紹介

    未知なるヒーロー誕生。

    連続爆弾犯のアジトで見つかった、心を持たない男・鈴木一郎。
    逮捕後、新たな爆弾の在処(ありか)を警察に告げた、この男は共犯者なのか。
    男の精神鑑定を担当する医師・鷲谷真梨子は、彼の本性を探ろうとするが……。

    そして、男が入院する病院に爆弾が仕掛けられた。
    全選考委員が絶賛した超絶の江戸川乱歩賞受賞作。

    Amazon.co.jpより

    心を持たない男。何の情動も持たないということは食事を摂る、排泄をするという基本的なことから、誰かに心をときめかせる、美しいものに心動かされるといったことをまったく知らない(できない)ということで、そのように生まれついた一人の人間が、自発的に生活を営み、はては連続爆弾犯ととっくみあいの乱闘を繰り広げるようになるまで、どれほどの苦難があったのでしょうか。
    そのきっかけとなった事件は悲しく、ですが鈴木一郎の心には何もうみださないのです。
    また、鈴木氏の言動から心のないことを見抜き、彼の過去に迫っていく精神科医・鷲谷真梨子の心の動き、鈴木氏を逮捕した刑事・茶屋の「共犯ではないのではないか」と疑いの心。
    思いもかけない展開に、あっという間に読み終えてしまいました。
    中でも真梨子の感情にもっとも引きずられました。

    著者が「まだ納得できていない」と書いていたとおり、ところどころもう少し掘り下げられたらもっと感情移入できるのに、と感じた部分はありましたが非常に面白かったです。
    サスペンスな気分のときにどうぞ(笑)
    関連記事

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    さいこ

    Author:さいこ
    大自然の中に生息。

    本と映画と煙草とお酒で幸せ☆
    美味しいもの大好き、作るのも好き。

    今年こそコミカルな人生から
    脱出をはかりたいと思います!

    最新記事
    最新コメント
    ブクログ
    さいこの本棚
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。