• --.--.--
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2005.12.18
  • スワンレイク

    ダークさと切なさが山盛りの一冊。一気読み。





    野島 伸司 スワンレイク





    黄色いレインコートを着て殺戮を繰り返す5人の若者。被害者はいづれも過去に罪を犯した人々だった。

    ところが、犯行における一定の法則が破られ秩序を失っていく。

    犯人を追いつめる刑事。被害者の婚約者であり、刑事とも関係をもつ精神科医。

    究極の愛とは?精神科医・カオルの行き着く先は?



    ちょっと前、ダヴィンチで見かけて(誰かのお薦め本だったと思うけど覚えてないや)気になっていた本。
    野島伸司が脚本のドラマって切ないのが多いですよね。観たものでは

    この世の果て」(ラストシーン壮絶。号泣した記憶が・・・)

    人間・失格」(涙なくしては語れません。『頭の中にハエがいるんだ~』なんて迷言も生まれました)
    未成年」「聖者の行進」「リップスティック」。うっわ~涙のオンパレード!

    ひとつ屋根の下」なんかは元気がでたもんですけどね~。大好きでした。

    そんなワケで、この野島伸司の書く長編小説というのにすっごく興味があったのです。

    (説明長い?)

    展開でちょっとツッコミ入れたかったところはあるけど、やはり切なくてぎゅ~っとなりました。

    明るい話ではないのですが、美しさを連想させる描写が多くラストもぎゅ~。

    ★★★★☆(4点)
    関連記事

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    さいこ

    Author:さいこ
    大自然の中に生息。

    本と映画と煙草とお酒で幸せ☆
    美味しいもの大好き、作るのも好き。

    今年こそコミカルな人生から
    脱出をはかりたいと思います!

    最新記事
    最新コメント
    ブクログ
    さいこの本棚
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。