• --.--.--
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2005.10.23
  • 白い犬とワルツを

    5年ほど前に入手し、本棚の肥となっていた本。今、読了。



    テリー ケイ, Terry Kay, 兼武 進

    白い犬とワルツを



    愛妻を失ったサム老人と、彼を支える家族、そして妻の死後現れるようになった真っ白い大きな犬の話。

    サムを思いやる家族の姿、家族を思うサムの心、何と言っても亡き妻に対する気持ちに泣けました。

    ところどころサムの日記が入ります。


    『きょう妻が死んだ。結婚生活五十七年、幸せだった』


    『喜びの日々は終わった』

    長年連れ添ってなお醒めない夫婦の深い愛情。縁側でお茶~の次に憧れます。

    サムの孤独に白い犬が呼応して切ない読後感です。
    関連記事

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    さいこ

    Author:さいこ
    大自然の中に生息。

    本と映画と煙草とお酒で幸せ☆
    美味しいもの大好き、作るのも好き。

    今年こそコミカルな人生から
    脱出をはかりたいと思います!

    最新記事
    最新コメント
    ブクログ
    さいこの本棚
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。