• --.--.--
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2009.06.14
  • 鴨川ホルモー

    LINK

    鴨川ホルモー/万城目学

    内容(「BOOK」データベースより)
    このごろ都にはやるもの、勧誘、貧乏、一目ぼれ。葵祭の帰り道、ふと渡されたビラ一枚。腹を空かせた新入生、文句に誘われノコノコと、出向いた先で見たものは、世にも華麗な女(鼻)でした。このごろ都にはやるもの、協定、合戦、片思い。祇園祭の宵山に、待ち構えるは、いざ「ホルモー」。「ホルモン」ではない、是れ「ホルモー」。戦いのときは訪れて、大路小路にときの声。恋に、戦に、チョンマゲに、若者たちは闊歩して、魑魅魍魎は跋扈する。京都の街に巻き起こる、疾風怒涛の狂乱絵巻。都大路に鳴り響く、伝説誕生のファンファーレ。前代未聞の娯楽大作、碁盤の目をした夢芝居。「鴨川ホルモー」ここにあり。

    鹿男あをによし、を読んでから気になっていたのですが秋に京都に行くこともあり、鴨川の空気を感じたくて・・・(笑)
    京都を感じる作品といえば森見登美彦の「夜は短し歩けよ乙女」、好きなのは「有頂天家族」(そういえば続編はいつでるんだろう?)いやいや、鴨川ホルモー。ほのぼのとしてるんですが難しい表現してあったり(それが語り手?の雰囲気を作り上げてるんですが)設定はファンタジーなハズだけど全然違和感なく読み終えました。
    え?私の脳がファンタジー?・・・そうかも。
    大学に入学したばかりの登場人物達が怪しげだと思いつつもサークルにはまっていき、気づいたときにはぬけられない、と。
    私は陣取り合戦とか苦手なんで(信長の野望も全然クリアできなかった)実際にホルモー参戦というのは難しそうだけど、ちょっとやってみたい気も。
    この本の前にちょっとダークなの読んだからなおさらあほらしさというか突き抜けた感がサイコーでした。

    ★★★☆☆
    関連記事

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    さいこ

    Author:さいこ
    大自然の中に生息。

    本と映画と煙草とお酒で幸せ☆
    美味しいもの大好き、作るのも好き。

    今年こそコミカルな人生から
    脱出をはかりたいと思います!

    最新記事
    最新コメント
    ブクログ
    さいこの本棚
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。