• --.--.--
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2010.02.09
  • 魔女の1ダース-正義と常識に冷や水を浴びせる13章-/米原万里

    魔女の1ダース―正義と常識に冷や水を浴びせる13章 (新潮文庫)魔女の1ダース―正義と常識に冷や水を浴びせる13章 (新潮文庫)
    (1999/12)
    米原 万里

    商品詳細を見る

    <内容紹介>
    私たちの常識では1ダースといえば12。ところが、魔女の世界では「13」が1ダースなんだそうな。そう、この広い世界には、あなたの常識を超えた別の常識がまだまだあるんです。異文化間の橋渡し役、通訳をなりわいとする米原女史が、そんな超・常識の世界への水先案内をつとめるのがこの本です。大笑いしつつ読むうちに、言葉や文化というものの不思議さ、奥深さがよーくわかりますよ。


    あたためて、あたためて、かなり時間をかけて読み終えた一作。
    いや、決して面白くないからではなくて、書いてあることが興味深くて考え×考えしていたらすっごく時間がかかってしまったのです。。。
    マダムの紹介でオリガ・モリソヴナ~を読んで以来、米原女史のエッセイにも手を出し、すっかり虜に。帰国子女であるがゆえの着眼点なのか、読んでいるとそりゃビックリ!の色々な事象に驚きます。

    実は読みながら面白い!ところに付箋を貼っていたのですが、多すぎて(爆)紹介しきれなくなりました。
    これがスタンダード!だとおもっている事が、実は別の文化によれば全く違っていたりしてとても面白く勉強になります。
    難しいことばかりじゃなく、さすが「シモネッタ」の異名をとる米原女史、異文化にわたる下ネタも満載(笑)
    楽しみながら様々な文化を知ることができる至極の一冊です。

    「ガセネッタ&シモネッタ」も是非とも入手して読まなければ♪
    ゆっくりじっくり、心の活力剤に。

    ★★★★☆
    関連記事

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    うむwなかなかに惜しひ人を亡くしてしまったのぉ・・・・合掌

    これは

    かなり評判になっていたので読んでみたいと思いつつ
    手出してませんでしたー。
    マダムさんに、さいこちゃんのオススメなら絶対読まなくちゃ♪
    絵本で「魔女の世界は13が1ダース」って読んだ事あるなぁ
    なんて絵本だっけかな?

    ★アスさんへ★

    全くです・・・
    こんな素晴らしい発想をもつ方を・・・

    ご冥福をお祈りします。。。

    ★匠姐さんへ★

    この方のエッセイも素晴らしいですが、一番最初に夢中になったのは
    「オリガ・モリソヴナの反語法」という本。
    マダムの紹介記事がどこかにあったはず!すごく興味深く夢中で読みました。
    機会があれば、エッセイも是非♪思わずニヤリとしちゃいますよん☆

    魔女の1ダース=13
    しらなかった!不吉な数字として忌み嫌われているようですがなんとなく好きな数字♪
    プロフィール

    さいこ

    Author:さいこ
    大自然の中に生息。

    本と映画と煙草とお酒で幸せ☆
    美味しいもの大好き、作るのも好き。

    今年こそコミカルな人生から
    脱出をはかりたいと思います!

    最新記事
    最新コメント
    ブクログ
    さいこの本棚
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。