• --.--.--
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2010.04.21
  • 疾風ガール/誉田哲也

    疾風ガール (光文社文庫)疾風ガール (光文社文庫)
    (2009/04/09)
    誉田 哲也

    商品詳細を見る

    内容(「BOOK」データベースより)
    柏木夏美19歳。ロックバンド「ペルソナ・パラノイア」のギタリスト。男の目を釘付けにするルックスと天才的なギターの腕前の持ち主。いよいよメジャーデビューもという矢先、敬愛するボーカルの城戸薫が自殺してしまう。体には不審な傷。しかも、彼の名前は偽名だった。夏美は、薫の真実の貌を探す旅へと走り出す―。ロック&ガーリーな青春小説。

    せーいーしゅーんー!かどうかはわかりませんが、アツいです。
    かなり好きなアジ。というのも高校生の頃、夢中になったライトノベルに「グラスハート」(若木未生著)というシリーズがあるんですが(実はいまでも数年にいちど全巻読み直したりしてます・笑)おなじにおいがする(笑)
    若くて才能あるコが突っ走り、それを支える周りの人々・・・ていう図は嫌いではないです。渦巻く嫉妬(笑)もものともせず成長していく姿は読んでいるこちらまで一緒に走らせてくれるような気がします。グラスハートの方がちょっとgirlsテイスト強いかもしれません。
    そしてこの記事を書こうとしてグラスハートをwikiでだしたら、、、、、なんと2009年に完結しているではありませんか!!!!7年ぶりに出たと思ったら完結!?出版社変わってるし!?至急手に入れなければ!!!

    誉田哲也さんの作品では結構ずしんと重い警察ものとかのイメージが強いですが(あ、前に読んだ作品は警察ものではありませんでしたね)青春もの(?)も好きになりそうです。武士道シックスティーン(これも青春系のハズ?)実写化されるみたいだから原作先に読んでおこっかな~♪

    ★★★☆☆
    関連記事

    トラックバック


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    疾風ガール 誉田哲也

    あたしが連れてってあげるよ、ビートと熱狂の果てまで。 あたし、夏美。19歳、んでギタリスト。愛器の真っ赤なギブソンで、大好きなメンバーとぶっ飛んだライブの毎日……ずっと続くと思ってた。魂の底からリ...

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    一瞬、「痛風ガール」かと・・・爆逃!

    ★アスさんへ★

    痛風ガール(爆)
    どんな若年寄りですか!!!

    No title

    こんにちは。同じ本の感想記事を
    トラックバックさせていただきました。
    この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
    お気軽にどうぞ。

    ☆藍色さま☆

    はじめまして。
    TBありがとうございました。

    爽快感ありますよねw
    プロフィール

    さいこ

    Author:さいこ
    大自然の中に生息。

    本と映画と煙草とお酒で幸せ☆
    美味しいもの大好き、作るのも好き。

    今年こそコミカルな人生から
    脱出をはかりたいと思います!

    最新記事
    最新コメント
    ブクログ
    さいこの本棚
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。