• --.--.--
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2012.10.28
  • 私の男/桜庭一樹


    私の男 (文春文庫)私の男 (文春文庫)
    (2010/04/09)
    桜庭 一樹

    商品詳細を見る


    第138回(平成19年度下半期) 直木賞受賞

    内容紹介
    落ちぶれた貴族のように、惨めでどこか優雅な男・淳悟は、腐野花の養父。孤児となった十歳の花を、若い淳悟が引き取り、親子となった。そして、物語は、アルバムを逆から捲るように、花の結婚から二人の過去へと遡る。内なる空虚を抱え、愛に飢えた親子が超えた禁忌を圧倒的な筆力で描く第138回直木賞受賞作。


    ハードカバーで書店に並んでいた当時、気にはなっていたけどその表紙の発するヤラしさに遠巻きにしていた。
    文庫版になり装丁がガラリとかわっていたものだから気づかなかった・・・あれか!
    以前にファミリーポートレイトは読んでいるのだけれど、これともう一作『赤朽葉家の伝説』がなんかひとくくり?らしい。テーマは家族?
    それにしても・・・すごい力でぐいぐい読ませる。内容を好むと好まざるによらず。
    倫理観ではいろいろと思うところはあるけれど、それ抜きにしたら切ない、哀しい、恋愛小説になるか?
    第一章から第六章まで、順に時代を遡っていくけど、第一章のことが気になってしょうがない。
    危険な一作。

    ★★☆☆☆
    関連記事

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    さいこ

    Author:さいこ
    大自然の中に生息。

    本と映画と煙草とお酒で幸せ☆
    美味しいもの大好き、作るのも好き。

    今年こそコミカルな人生から
    脱出をはかりたいと思います!

    最新記事
    最新コメント
    ブクログ
    さいこの本棚
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。