• --.--.--
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2008.11.09
  • 夏の庭-The Friends


    夏の庭-The Friends/湯本香樹実

    出版社/著者からの内容紹介
    児童文学者協会新人賞 児童文芸新人賞 ボストン・グローブ=ホーン・ブック賞他受賞多数 12歳の夏、ぼくたちは「死」について知りたいと思った。そして、もうすぐ死ぬんじゃないかと噂される、一人暮らしのおじいさんを見張り始めて…? 三人の少年と孤独な老人のかけがえのない夏を描き、世界十数ヵ国で出版され、映画化もされた話題作。


    小学校6年生の「ぼくたち」は死がどういうものか知らなかった。
    単に息をしなくなるだけではない。死んだからといって存在そのものが消えてしまうわけではない。
    独居老人の「死」を見届けたいという動機ではじめた近所のおじいさんの監視だったが現在の「自分」に悩む「ぼくたち」と、過去の「自分」に苦しむ「おじいさん」はいつしか互いに心を開いていく。

    少年達の友情と、死との遭遇が目に浮かぶように描かれていて、読ませる。
    短い作品の中に大切なことがたくさんつまっていた、と思う。

    ★★★★☆
    関連記事

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    さいこ

    Author:さいこ
    大自然の中に生息。

    本と映画と煙草とお酒で幸せ☆
    美味しいもの大好き、作るのも好き。

    今年こそコミカルな人生から
    脱出をはかりたいと思います!

    最新記事
    最新コメント
    ブクログ
    さいこの本棚
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。