• --.--.--
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2008.11.03
  • 精霊探偵


    精霊探偵/梶尾真治

    内容(「BOOK」データベースより)
    事故で妻を失ってから、私には他人の背後霊が見えるようになった。霊は実に表情豊かで、色々なことを教えてくれる。霊の示唆で相談事を解決するうち、それが評判となり、人捜しの依頼が舞い込んだ、どこかで、誰かの背後霊になった妻に会えるかもしれない。依頼を受けて捜査を始めた矢先、奇妙な出来事が身の回りに起こり始める―。

    読み終えるちょっと前に気づいたんですが、「黄泉がえり」の作者さんでした。
    妻を失う前後の記憶がないながらも、喪失感に覆われ生きる気力がなかった主人公が自分を心配してくれている人達への恩返しという気持ちから人捜しを始め、だんだんと生き方を思い出していく過程がハラハラします。
    ファンタジーですが、ラストでは謎がハッと解けて『してやられたぁ~!』な気分になります(笑)
    面白かった~~~

    ★★★★☆
    関連記事

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    さいこ

    Author:さいこ
    大自然の中に生息。

    本と映画と煙草とお酒で幸せ☆
    美味しいもの大好き、作るのも好き。

    今年こそコミカルな人生から
    脱出をはかりたいと思います!

    最新記事
    最新コメント
    ブクログ
    さいこの本棚
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。