• --.--.--
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2008.07.09
  • しゃばけ


    しゃばけ/畠中 恵

    内容(「BOOK」データベースより)
    江戸有数の薬種問屋の一粒種・一太郎は、めっぽう体が弱く外出もままならない。
    ところが目を盗んで出かけた夜に人殺しを目撃。
    以来、猟奇的殺人事件が続き、一太郎は家族同様の妖怪と解決に乗り出すことに。
    若だんなの周囲は、なぜか犬神、白沢、鳴家など妖怪だらけなのだ。
    その矢先、犯人の刃が一太郎を襲う…。
    愉快で不思議な大江戸人情推理帖。
    日本ファンタジーノベル大賞優秀賞。


    なおのご推薦本。にゃるほど~、時代モノでありつつ、ファンタジーです。
    虚弱な若旦那と心配性の妖たち。そのかけ合いだけでも吹き出しそう。
    若旦那も、寝込んでばかりのクセになんだかとっても味がある!
    シリーズでどーんと貸してもらったので、続きが楽しみです。

    ファンタジー×時代モノ×人情×コント(?)要素含む!
    続編に期待も込めて★★★★☆

    関連記事

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    さいこ

    Author:さいこ
    大自然の中に生息。

    本と映画と煙草とお酒で幸せ☆
    美味しいもの大好き、作るのも好き。

    今年こそコミカルな人生から
    脱出をはかりたいと思います!

    最新記事
    最新コメント
    ブクログ
    さいこの本棚
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。