• --.--.--
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2008.06.17
  • ベルカ、吠えないのか?


    ベルカ、吠えないのか?/古川日出男

    内容(「MARC」データベースより)
    1943年、日本軍が撤収したキスカ島。無人の島には4頭の軍用犬が残された。
    捨てられた事実を理解するイヌたち。
    やがて彼らが島を離れる日がきて-。
    それは大いなる「イヌによる現代史」の始まりだった!

    ハードカバーが出版されたとき、読みたかったけどぐっと文庫を待ってました(笑)
    最近、映画も見てないし本を読む時間もなくて・・・
    (って、漫画は結構読んでいたりする・・・)

    そんな中、書店でこの本を発見してにわかに再熱、読書魂(笑)

    はじめはイヌに語りかけるような、自問自答?な文体に慣れなかったモノの、
    イヌたちの繋がりや変遷に夢中になると、気にせず没頭してました。

    人間の都合で置き去りにされたイヌたち。
    そして連なる血統。日米ソ中関係に翻弄されるイヌたち。読んでいて勉強になったり。
    単純にいぬが可愛かったり(笑)

    久々物語にのめり込みました。
    今夜はイヌの夢見そう。

    ★★★☆☆
    関連記事

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    さいこ

    Author:さいこ
    大自然の中に生息。

    本と映画と煙草とお酒で幸せ☆
    美味しいもの大好き、作るのも好き。

    今年こそコミカルな人生から
    脱出をはかりたいと思います!

    最新記事
    最新コメント
    ブクログ
    さいこの本棚
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。