• --.--.--
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2008.01.06
  • ジェネラル・ルージュの凱旋



    海堂 尊

    ジェネラル・ルージュの凱旋

    出版社 / 著者からの内容紹介
    第4回『このミス』大賞受賞作&28万部突破の『チーム・バチスタの栄光』、15万部のベストセラー『ナイチンゲールの沈黙』に続く、大人気・田口&白鳥シリーズ第3弾の舞台は、救命救急センター。

    医療問題、収賄事件、大災害パニック…あらゆる要素がつまった、
    シリーズ最高傑作のメディカル・エンターテインメント!


    (あらすじ)
     桜宮市にある東城大学医学部付属病院に、伝説の歌姫が大量吐血で緊急入院した頃、不定愁訴外来の万年講師・田口公平の元には、一枚の怪文書が届いていた。それは救命救急センター部長の速水晃一が特定業者と癒着しているという、匿名の内部告発文書だった。病院長・高階から依頼を受けた田口は事実の調査に乗り出すが、倫理問題審査会(エシックス・コミティ)委員長・沼田による嫌味な介入や、ドジな新人看護師・姫宮と厚生労働省の“火喰い鳥”白鳥の登場で、さらに複雑な事態に突入していく。
     将軍(ジェネラル・ルージュ)の異名をとる速水の悲願、桜宮市へのドクター・ヘリ導入を目前にして速水は病院を追われてしまうのか……。そして、さらなる大惨事が桜宮市と病院を直撃する。


    ハイ、元旦大人買いの一部です。
    実はその日(正確には翌日にかけて)読み終わっちゃいました。
    面白くて!!!

    血まみれ将軍(ジェネラル・ルージュ)、惚れたΨ(`∀´)Ψ

    シリーズモノなんで、もちろん愚痴外来の田口医師も暗躍(?)しているのですが、なんといっても将軍ですよ、将軍。
    読み始めた時点では、暗い一室でモニタを見つめる描写に「イヤ、危険なヤツかも」と怪しんでましたけど、読み進めるうちにもう虜に(笑)

    時系的にはナイチンゲールの沈黙と同時進行なのかな?これはもう一度読み直さねばなるまい・・・って、本は何処へあるのだろう?

    内容紹介の文にもあるとおり、医療問題(これがまた結構興味のある分野。物語の中で無理なく展開されていて、部外者でいても解りやすい)収賄事件(このようなケースは稀だろうけど、まさに舞台裏って感じ)大災害(将軍素敵!)と、事態に対応していく職員達・・・本当に目が離せません。
    厚生労働省からの刺客(爆)にも要注目。
    チーム・バチスタの栄光(上)
    チーム・バチスタの栄光(下)
     ↑文庫ででましたね☆
    ナイチンゲールの沈黙

    併せてオススメです。

    ★★★★☆
    関連記事

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    さいこ

    Author:さいこ
    大自然の中に生息。

    本と映画と煙草とお酒で幸せ☆
    美味しいもの大好き、作るのも好き。

    今年こそコミカルな人生から
    脱出をはかりたいと思います!

    最新記事
    最新コメント
    ブクログ
    さいこの本棚
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。