• --.--.--
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2007.10.07
  • 号泣する準備はできていた



    江國 香織

    号泣する準備はできていた


    内容(「BOOK」データベースより)
    私はたぶん泣きだすべきだったのだ。身も心もみちたりていた恋が終わり、淋しさのあまりねじ切れてしまいそうだったのだから―。濃密な恋がそこなわれていく悲しみを描く表題作のほか、17歳のほろ苦い初デートの思い出を綴った「じゃこじゃこのビスケット」など全12篇。号泣するほどの悲しみが不意におとずれても、きっと大丈夫、切り抜けられる…。そう囁いてくれる直木賞受賞短篇集。


    でも私の準備はできていなかったのだ・・・(苦笑)
    本を読むにはタイミングというものがあると思う。
    十年前に読んでもパッとしなかった作品が、今読み返してみるととても素晴らしいものだったり、いつも楽しみにしているシリーズの作品だって、気分が乗らなければなかなか読み進められない。そんなもの。
    もしかして、別のタイミングで出会えば心に響くものだったかもしれない本作も今の私には・・・
    乾きすぎか・笑?
    短編集なので、読むのはアッという間。
    だけど散りばめられた恋の断片を拾い上げることができるかどうかは、受ける側の気分に左右される。
    んじゃないかな~(笑)あんま行間読めなかった(笑)直木賞か・・・。
    いつか号泣したくなるほど辛い事が起きた時にでも読み直してみることにします。

    ★☆☆☆☆
    関連記事

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    さいこ

    Author:さいこ
    大自然の中に生息。

    本と映画と煙草とお酒で幸せ☆
    美味しいもの大好き、作るのも好き。

    今年こそコミカルな人生から
    脱出をはかりたいと思います!

    最新記事
    最新コメント
    ブクログ
    さいこの本棚
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。