• --.--.--
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2007.08.13
  • まひるの月を追いかけて



    恩田 陸

    まひるの月を追いかけて

    内容(「BOOK」データベースより)
    橿原神宮、明日香、山辺の道…。失踪した一人の男を捜して、奈良を旅する二人の女。それぞれの過去と現在を手探りしながら続く、奇妙な旅の行き着く先は?奈良を舞台に夢と現実が交錯する旅物語。

    ミステリーロードノベル・・・
    確かにそんな分類がしっくりくるこの作品。一気に奈良を旅行した気分(笑)
    実際は一歩も家から出ずに一日を終えたんですけど・・!

    片方のスリッパをなくしたような(ホントたとえが絶妙なんだよな~)気持ちのまま日々を過ごすヒロイン静。
    そこに現れた異母兄の恋人。
    だが、それは恋人を語った別人だった!
    ってここまででも「何が起こるの~!?」と引き込まれずには居られません。
    ヒロインが「旅やの直前になって行きたくなくなる」旨を語るシーンでは思わず大きくうなずく!
    誰でもそうなのかな?
    楽しみにしている事でも直前になって「だめだ~」って気分になること多し。
    「人生の主役を張れない」ヒロインの語り口は妙に共感するところが多くて最後まで気を抜けませんでした。
    ぼんやり読んでたらグサッときそうで(笑)
    私にしては珍しく、話の途中で「あ、そうなのかも!」と予測した部分。
    当たっているかと思いきややはり見当違い(爆)
    それでこそ、ミステリー。
    奈良を旅したくなる一冊です。

    ★★★★☆
    関連記事

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    さいこ

    Author:さいこ
    大自然の中に生息。

    本と映画と煙草とお酒で幸せ☆
    美味しいもの大好き、作るのも好き。

    今年こそコミカルな人生から
    脱出をはかりたいと思います!

    最新記事
    最新コメント
    ブクログ
    さいこの本棚
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。