• --.--.--
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2007.07.09
  • Q&A



    恩田 陸

    Q&A


    出版社/著者からの内容紹介

    これからあなたに幾つかの質問をします。
    ここで話したことが外に出ることはありません――。

    2002年2月11日(祝)午後2時過ぎ、都内郊外の大型商業施設において重大死傷事故発生。死者69名、負傷者116名。未だ事故原因を特定できず――。次々に招喚される大量の被害者、目撃者。しかし食い違う証言。店内のビデオに写っていたものは? 
    立ちこめた謎の臭いは? ぬいぐるみを引きながら歩いてた少女の姿は? はたして、これは事件なのか、それとも単なる事故か? 謎が謎を呼ぶ恩田陸ワールドの真骨頂!


    こ、怖い~~~~!!!
    感想はまずこれ。なんの変哲もないありふれた日常の中で起こった大災害。
    だけど、何の理由もなかったとしたら-。
    質問と答え、Q&A方式の台詞のみで進んでいくストーリー。
    そこから事件の概要が導き出されていくのですが、人の心理を(特に病んだ部分)突きまくっている作品だと思いました。
    まず、質問を行っている人物の背景がぼかされているので、どんな目的で被害者に聴取しているのか、というのはわからないのですが(それも不安感を盛り上げている!?)、引き起こされた災害と原因、そして災害から派生していく悲劇。集団の心理や、現代を生きる人なら誰しもが不安に思っている(のではないかと思われる)ことがつぶさに表現されていて、読んでいてゾっとしました。
    蟻の世界を描いた本のくだりでは、本当に人間も蟻と変わらず、「何かが」何の悪気もなく踏みつぶしてしまう世界だったら・・・と想像して怖かった~汗
    何よりも怖いのは人間である、と読み終えた後も深く考えてしまいました。

    ★★★★☆
    関連記事

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    さいこ

    Author:さいこ
    大自然の中に生息。

    本と映画と煙草とお酒で幸せ☆
    美味しいもの大好き、作るのも好き。

    今年こそコミカルな人生から
    脱出をはかりたいと思います!

    最新記事
    最新コメント
    ブクログ
    さいこの本棚
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。