• --.--.--
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2006.10.14
  • 焚火オペラの夜だった

    本を読みつつウトウトしてたら、アンケート調査の訪問で起こされる・・・(☄ฺ◣д◢)☄ฺ


    椎名 誠

    焚火オペラの夜だった



    内容(「BOOK」データベースより)

    極上原っぱA級穴あきテント。南島からチベットまで。風のしわしわ、トマトのガブリ。赤いマントはどこを飛ぶ…。
    Amazon.co.jp


    本の闇取引(笑)をしてくださってる方の影響で読み始めた椎名誠氏の著書。
    「週刊文春」に連載されていたエッセイで世界各国、日本津々浦々を旅して美味しいものを食べ、美味しい酒を呑み、自然とたわむれ、力いっぱい楽しんでいるのが伝わる本。赤マントシリーズとして他11冊。(かな?まだこのシリーズは3冊くらいしか読んでいないけど・・・)

    著者がある人に言われたという「毎週ものすごく面白いものを書くというのはまず無理なので、その中である程度のアベレージを保って時折ヒットを飛ばせればいい」という言葉のとおり、よく「ん?オチは・・・?」と思わせる一章もあるのだけど、全体を通して面白い!文体も軽く、力まず取り組めます。
    ちなみに今回は『決戦トマトガブリーズ』という章が一番気に入りました。

    サラリーマンの憧れの生活、とどこかのレビューで書かれていたけど全く!
    生き生きとした描写(効果音が好きだなぁ。)で読むだけで旅・アクティブな気分を楽しめます。

    ★★★☆☆
    関連記事

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    さいこ

    Author:さいこ
    大自然の中に生息。

    本と映画と煙草とお酒で幸せ☆
    美味しいもの大好き、作るのも好き。

    今年こそコミカルな人生から
    脱出をはかりたいと思います!

    最新記事
    最新コメント
    ブクログ
    さいこの本棚
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。