• --.--.--
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2006.09.07
  • 負け犬の遠吠え



    酒井 順子

    負け犬の遠吠え




    出版社/著者からの内容紹介

    嫁がず 産まず、この齢に。
    どんなに美人で仕事ができても、30代以上・未婚・子ナシは「女の負け犬」なのです。――著者
    連載時から大反響の問題エッセイついに刊行。
    「負け犬にならないための10箇条・なってしまってからの10箇条」等全女性必読の書。
    Amazon.co.jp


    一時期には本屋のランキングに並ばない日はなかったこの本。
    著者がカテゴライズする「負け犬」予備軍の気質十分である私はなんとなくこの本を敬遠していました。(実際読んでみると負け犬の敷居も高い!都会に住み、美人で高学歴、高収入とか。。。アハハ)
    が、古本屋で100円だったので「じゃぁ、まあ酒井さんのご意見を聞いてみますか。」と手にしてみたのです。。。
    が、読む時期を間違えた・・・・。
    別に「早く読んでおけばよかった!」というわけではなくて、たまたまいろんなことに自信喪失しているタイミングで「これでもか~!」と斬りつけてくるその論理戦法にぐったり。読み止めればよかったのだけど、自虐?怖いもの見たさ?で最後まで読破。。。

    落ち込んでいるときに読むのはオススメできません!


    この方の著書は他に読んだことないのですが、映画侍さまオススメの「一冊の本」購読時に『私は美人』というエッセイが連載だったのを記憶しています。確かに鋭い観察眼で辛口のご意見。もう斬りまくり!それから以前に有閑マダムが「たのしい・わるくち」のレビューで書かれていたとおり「自分のことを棚上げしているわけではなく、自分もそういう傾向があるとの前提(本著では酒井氏は自らを“負け犬代表”と評す。)で書かれているのでさっぱりしている」というのも納得。
    しかもかなり言葉を選んでますね。(まあ毒は毒なんだけど。)文体は割とすきかもです。

    でも自らが「勝ち犬に結婚・出産を薦められたくない!ほっといてくれ!」と感じているのであれば、著者が負け犬の為に、と書き連ねた10箇条も負け犬からすれば「大きなお世話」なのかも。
    共感するところもあれば、「そんなことないもんっ!」(著者によるとこれも負け犬の遠吠え。とほほ)と賛同できない部分もあり。
    色々な考え方があるね、という参考にはなります。

    実生活において、「勝ち」「負け」を意識したくはありませんし、そのような振り分けをするつもりもありませんが、『紙上における個人の意見』としてはなかなか興味深かったです。
    でも★★☆☆☆!次は心温まる本を!(現実逃避・笑!?)
    関連記事

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    さいこ

    Author:さいこ
    大自然の中に生息。

    本と映画と煙草とお酒で幸せ☆
    美味しいもの大好き、作るのも好き。

    今年こそコミカルな人生から
    脱出をはかりたいと思います!

    最新記事
    最新コメント
    ブクログ
    さいこの本棚
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。