• --.--.--
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2012.09.28
  • トーキョープリズン/柳 広司


    トーキョー・プリズン (角川文庫)トーキョー・プリズン (角川文庫)
    (2009/01/24)
    柳 広司

    商品詳細を見る


    内容(「BOOK」データベースより)
    戦時中に消息を絶った知人の情報を得るため巣鴨プリズンを訪れた私立探偵のフェアフィールドは、調査の交換条件として、囚人・貴島悟の記憶を取り戻す任務を命じられる。捕虜虐殺の容疑で拘留されている貴島は、恐ろしいほど頭脳明晰な男だが、戦争中の記憶は完全に消失していた。フェアフィールドは貴島の相棒役を務めながら、プリズン内で発生した不可解な服毒死事件の謎を追ってゆく。戦争の暗部を抉る傑作長編ミステリー。

    これは・・・
    おもしろかった!けれど天皇制に関する微妙な記載がちらほら?フィクションだから大丈夫???
    ジョーカーゲームほど軍漬けでもなく(でも刑務所内、話関連で軍話あるけど)サクッと読めると思います。

    ★★★☆☆

  • 2012.09.27
  • 裏庭/梨木香歩


    裏庭 (新潮文庫)裏庭 (新潮文庫)
    (2000/12)
    梨木 香歩

    商品詳細を見る


    内容(「BOOK」データベースより)
    昔、英国人一家の別荘だった、今では荒れ放題の洋館。高い塀で囲まれた洋館の庭は、近所の子供たちにとって絶好の遊び場だ。その庭に、苦すぎる想い出があり、塀の穴をくぐらなくなって久しい少女、照美は、ある出来事がきっかけとなって、洋館の秘密の「裏庭」へと入りこみ、声を聞いた―教えよう、君に、と。少女の孤独な魂は、こうして冒険の旅に出た。少女自身に出会う旅に。

    ファンタジー。成長物語?
    でも決して子供向けだけではない、ような。
    西の魔女が死んだ、ですっかりファンになってしまった梨木先生。
    ぐいぐい物語に引き込まれます。

    ★★★☆☆☆

  • 2012.09.24
  • 背の眼/道尾秀介


    背の眼〈上〉 (幻冬舎文庫)背の眼〈上〉 (幻冬舎文庫)
    (2007/10)
    道尾 秀介

    商品詳細を見る

    内容(「BOOK」データベースより)
    児童失踪事件が続く白峠村で、作家の道尾が聞いた霊の声。彼は恐怖に駆られ、霊現象探求所を営む真備のもとを訪れる。そこで目にしたのは、被写体の背中に人間の眼が写り込む、同村周辺で撮影された4枚の心霊写真だった。しかも、彼ら全員が撮影後数日以内に自殺したという。これは単なる偶然か?第5回ホラーサスペンス大賞特別賞受賞作。


    背の眼〈下〉 (幻冬舎文庫)背の眼〈下〉 (幻冬舎文庫)
    (2007/10)
    道尾 秀介

    商品詳細を見る


    内容(「BOOK」データベースより)
    「ゴビラサ…」道尾の前で謎の言葉を呟いた男は、数日後に刺殺体で発見された。やがて、彼の残した言葉と度重なる霊現象が結びついた時、孤独な少年の死に端を発した一連の事件にまつわる驚愕の真実が明らかになる。美貌の助手を伴う怜悧な霊現象探求家・真備と、売れないホラー作家・道尾のコンビが難事件に挑む。

    ゾクゾクする!!キャラもたってるしシリーズなのでしょうか?だとしたら続き読みたい!

    ★★★★☆☆

  • 2012.09.22
  • 訪問者/恩田陸


    訪問者 (祥伝社文庫)訪問者 (祥伝社文庫)
    (2012/04/12)
    恩田 陸

    商品詳細を見る


    内容紹介
    <嵐の山荘、息づまる心理劇、シナリオの秘密ーー>
    来客を告げるベル。
    そして謎めいた夜が・・・

    急死した映画監督峠昌彦の親友井上は、湖を一望する山中の洋館を訪ねた。三年前、昌彦を育てた実業家朝霞千沙子が不審死を遂げた湖だ。館には「訪問者に気をつけろ」という不気味な警告状が届いていた。死んだはずの「大おばちゃま」の姿を見たと主張する少女。そして冬の雷が鳴る中、新たな死体が……。やがて残されたシナリオから浮上してきた意外な真実とは?

    久々の恩田作品♪
    (出てたの気づかなかった、、、ファン失格?)
    謎が謎を呼び・・・パターン。ミステリだけど妄想を掻き立てられる。
    どちらかというと恩田先生はファンタジックな作品の方が好きなのでおもしろかったけど
    星3つ。

    ★★★☆☆

  • 2012.09.07
  • 警視庁情報官 シークレット・オフィサー/濱 嘉之


    警視庁情報官 シークレット・オフィサー (講談社文庫)警視庁情報官 シークレット・オフィサー (講談社文庫)
    (2010/11/12)
    濱 嘉之

    商品詳細を見る


    内容(「BOOK」データベースより)
    警視庁情報室。それは警視庁が秘密裏に組織した情報部門のプロ集団である。情報室へ舞い込んだ一通の怪文書。エース情報官・黒田は、抜群の情報収集力と分析力で、政・官・財界そして世界的な宗教団体までもが絡む一大犯罪の疑惑を嗅ぎつけるが…。公安出身の著者による迫真の「インテリジェンス」小説。

    読み終えるのに数日かかりました。久々。
    決しておもしろくないわけではなく、単語を読み砕くのに時間がかかるっていうか・・・
    読みなれている小説風でなくて、実録!ぽい。(ちなみにフィクションらしいですが)
    ただ時系列が入り乱れてる(?)のであれ?あれ?と思っていたら本筋に繋がったというか・・。
    決して世界情勢や政治に詳しくない私でも最近気になるよなアレコレがずいぶんと前に形になっていたことに
    感動を覚えます。
    あっと、警察庁と警視庁の相関図を見ながら読むことをお勧めします。
    続編も入手済みなので、ぼちぼち♪

    ★★☆☆☆

  • 2012.09.03
  • スズメバチに怯える週末

    田舎暮らしは自分に合っていると思う。
    たまーに飲みにいったりするのには不便だな~とか思うくらいで(基本引きこもりだけど)
    虫も特にニガテじゃないし、音とかも気にしなくていいし。

    だけど!
    自分に危害が加わるような虫が出ると・・・(涙)
    それでもムカデとかはそんなに怖くないんです、動き読めるから焦らなくていいんです。お湯かけちゃう。
    蜂ってさ・・・飛びますよね。アレが怖い・・・

    土曜の午後、仕事から帰るとソイツはリビングを自由に飛び回っていました・・・
    4センチくらい。(デカッ)ビクビクしながら網戸を開け、カーテンに停まったところを必死で振るも
    でてゆかない・・・(レースカーテンとカーテンの間に挟まって動かなくなった・・・)
    のーーーーん!
    でも触れないし、効きそうな殺虫剤もないし、挟まっているならそのままにしとくか、ということで放置。

    1時間後、、、またもやリビングを自由に飛び回るスズメバチ。
    どうやって脱出したの!?と思いきやさっきのアイツはまだ同じ場所に・・・2匹目!?
    大騒ぎの末、窓から退出いただき(1号はまだ所定の位置に・・・)蜂用の殺虫剤購入を決意。

    そして日曜の夕飯時。
    冷蔵庫の付近から不審な羽音が。忙しいので気づかないフリしていたけど結構羽音でかいかも???
    っと突如現れたのはまたもやスズメバチ。いーやーーーーー!
    油使ってるから長い時間離れるわけにもいかなくてキッチンとリビングをいったりきたり(笑)
    ここでは殺虫剤は使いたくない、けど新聞丸めたって当たるかどうか・・・
    以前使ってた虫撃退用の静電気が発生するラケットも見つからないし。
    でも自分のテニスラケットで蜂成敗は絶対イヤ
    逃げ隠れしながらヤツの動向を見守っていたところ、ふとキッチンのエアコン上部に停まり、、、
    中にはいっちゃった。。。数分様子をみたけど出てくる気配もないのでいっそいで夕飯の支度を終わらせて
    リビングに避難。

    まだ出てきてないもよう。
    どーしよー。エアコンの中で息絶えられてもこまるけど、余計なコトして攻撃されたくもない~
    そんなこんなで日付も変わろうとしているのにアイツはエアコンの内部に居座ってマス・・・。怖い~
    昨日の今日で殺虫剤もまだ買ってないんですよね~。


    でも今のところできることはない!(エアコンつけるとか?無理!)
    というわけで放置して寝ようかと思います。
    ヤだな~、近くに巣があるのかな???
    (10年くらい前に壁の内側に巣くられたことあり。キリで壁に穴空けて殺虫剤や機械油を噴霧!壁に守られてるから強気!)

    とりあえず様子見で。
    いちおう応急処置だけ調べておこう・・・スズメバチに刺された時の応急処置

    と、ここまで書いて歯ブラシをとりに洗面所に行ったらヤツが!!!!
    ・・・・・・寝よう。

  • 2012.08.31
  • ランチ難民-残暑お見舞い申し上げます-

    朝晩ようやく涼しくなってきました♪皆様いかがお過ごしでしょうか???
    あっという間に8月も終わりそう。早いね~。

    私はといえば、夏バテとは無縁の食欲!
    今年は長めのお盆休みもいただき、遊び倒して、飲んだくれ(笑)、よい夏を過ごせたかな~。
    (心残りはまだこの夏バーベキューしてない・・・)

    さて。
    仕事的には一年の内で忙しさピークになる夏。
    残業も多いですが楽しいあれやこれやを支えに日々乗り切ってマス。
    で、午後からお休みの本日は、⑤ちゃんとランチに行くつもりで朝からうきうき。
    予想以上に早く仕事あがれそうな流れ・・・いける、今日はいける!



    と思いきや~


    終業15分前に突如怪しくなった雲行き。
    まさかの1時間残業。14時。も~スタッフぐったり。
    ※職種的に自分の裁量で仕事を終わらせて帰るということができないのです・・・。
    残業だろうなと心の準備ができている残業と、終わるハズなのに終わらない、残業。違う・・・(涙)
    でもあきらめずに突撃。先月飯塚にOPENしたNERO BOTANICA内のHANADANO。
    時間は14:15.どーだ!!!????

    A.「ランチは14時迄となってます・・・」

    だぁぁぁっぁぁぁ(´□`#)─
    ですよね~~~~~。
    ちなみにカフェタイムは14:30からだそうですよ、ノд-。)次回リベンジします。。。

    空腹はMAXを越え、気分悪くなったのを通り越して変なハイテンション。

    肉!もうガッツリ肉行こう!で美味しいと聞いて気になっていた飯塚のコリアンハウス洪苑へ。
    閑散とした駐車場。嫌な予感。。。でもCLOSEDかかってないし。。。

    とりあえず聞いてくる!と小雨の中ダッシュで入り口へ・・・
    ・・・・・・・・・・・・・・・・
    自動ドアが開きませんでしたぁぁぁぁぁ(´□`#)─

    ちなみに開店時間は「準備でき次第」とのこと。。。リサーチ不足。また次回だっ!
    とにかく何か食べさせて・・・彷徨うふたり。
    私とにかくよく定休日にあたる(それも臨時休業とか)けど今日はそれともちょっと違う(涙)

    !そうだ覇薇可否道CAFE'がリニュオープンしたって見たような。(行きたかったの)ランチもあったはず、、、
    突撃ー!

    A.「ランチは14:30迄です・・・」
    のぉぉぉぉ~~~~~(´□`#)─
    時既に14:45。もう空腹なのかすらわからない。
    ⑤ちゃんの笑いも止まらない・・・
    雨も本降り。私の心の涙に違いない・・・。

    結局穂波のアバシで15時までのランチタイムに滑り込みアバシプレートを頂きました。
    moblog_919c3aec.jpg
    チーズナンうまーーーーーー(私チョロすぎ!?!?)

    定時であがって行けたら予定通りのランチだったのに~(呪)
    でもアバシも久々だったからよしとするか!美味しかったし(つんのめるくらい前向きです)!

    ボリューム満点のチーズナンでお腹いっぱい、夕飯はいりませんでした!
    お酒しか(笑)

    そんなこんなで日々笑いと笑いと笑いで頑張ってます。
    涼しくなってきたとはいえ、日中はまだまだ暑い!
    皆様お体には十分気をつけて残暑のりきってくださいませ☆

  • 2012.08.30
  • 神の子どもたちはみな踊る/村上春樹


    神の子どもたちはみな踊る (新潮文庫)神の子どもたちはみな踊る (新潮文庫)
    (2002/02)
    村上 春樹

    商品詳細を見る


    内容(「BOOK」データベースより)
    1995年1月、地震はすべてを一瞬のうちに壊滅させた。そして2月、流木が燃える冬の海岸で、あるいは、小箱を携えた男が向かった釧路で、かえるくんが地底でみみずくんと闘う東京で、世界はしずかに共振をはじめる…。大地は裂けた。神は、いないのかもしれない。でも、おそらく、あの震災のずっと前から、ぼくたちは内なる廃墟を抱えていた―。深い闇の中に光を放つ6つの黙示録。

  • 2012.08.30
  • おやすみラフマニノフ/中山七里


    おやすみラフマニノフ (宝島社文庫)おやすみラフマニノフ (宝島社文庫)
    (2011/09/06)
    中山 七里

    商品詳細を見る


    内容(「BOOK」データベースより)
    第一ヴァイオリンの主席奏者である音大生の晶は初音とともに秋の演奏会を控え、プロへの切符をつかむために練習に励んでいた。しかし完全密室で保管される、時価2億円のチェロ、ストラディバリウスが盗まれた。彼らの身にも不可解な事件が次々と起こり…。ラフマニノフの名曲とともに明かされる驚愕の真実!美しい音楽描写と緻密なトリックが奇跡的に融合した人気の音楽ミステリー。

    前日の消化不良をうけ、今宵はウツクしい物語をww
    カエル男を先に読んじゃったけどドビュッシー、ラフマニノフのが先なんですね!
    文庫を待つあまり、順番が前後しちゃってるのはさておき・・・
    音楽はシロートで詳しいことはよくわかんなくてもなんとなく音が想像できる小説!
    さよならドビュッシーでも思ったんですけど、綺麗な印象。
    音がキラキラしているのを文字で読ませるというか。
    その中にミステリーを絡ませてて好みな感じです。途中「いやあなた違うでしょ」と
    思っちゃうシーンもありつつ、最後には「そうだったのか~」と。王道?
    今日はスッキリ眠れそうです。

    ★★★☆☆

  • 2012.08.28
  • 殺人鬼フジコの衝動/真梨幸子


    殺人鬼フジコの衝動 (徳間文庫)殺人鬼フジコの衝動 (徳間文庫)
    (2011/05/07)
    真梨幸子

    商品詳細を見る


    内容(「BOOK」データベースより)
    一家惨殺事件のただひとりの生き残りとして新たな人生を歩み始めた十一歳の少女。だが彼女の人生はいつしか狂い始めた。「人生は、薔薇色のお菓子のよう」。呟きながら、またひとり彼女は殺す。何がいたいけな少女を伝説の殺人鬼にしてしまったのか?精緻に織り上げられた謎のタペストリ。最後の一行を読んだ時、あなたは著者が仕掛けたたくらみに戦慄し、その哀しみに慟哭する…。

    噂にたがわぬ後味の悪さ(笑)
    はしがきにFrance GallのPoupee De Cire, Poupee De Sonが載っていたのでiTunesからフランスギャルを
    探し出して流してみる(笑)蝋人形、おがくず人形・・・

    本作では業<カルマ>についてしきりと触れられていたけれど、物語としてはながせても現実はそうでない、と思いたい。ひとを育てるのは環境だから。
    ひどいいじめのシーンもあって、正直何度読むのやめようかと(苦笑)
    はしがきの挑発がなければやめてたかも。以前にも同じようなこと書いたかもしれないけど
    小さなコミュニティでの出来事に絶望することなんてない!と思う。世界は広い。
    周囲の大人がどれだけ力になってあげられるか・・・この作品に関しては家庭でも居場所がなかったんだけど・・
    あんどその後が・・・書くとネタバレっぽくなるか。
    と詳細は書けませんが、とりあえず胸焼けしてるので次はウツクシイ作品でも読もうかな!

    ★☆☆☆☆
    プロフィール

    さいこ

    Author:さいこ
    大自然の中に生息。

    本と映画と煙草とお酒で幸せ☆
    美味しいもの大好き、作るのも好き。

    今年こそコミカルな人生から
    脱出をはかりたいと思います!

    最新記事
    最新コメント
    ブクログ
    さいこの本棚
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。